【2021.4】読書記録

BOOK

こんにちは、yukiです。

今月読んだ本をご紹介します。

↓こちらは前回の記事です↓

小説

本日は、お日柄もよく 原田マハ 著

友人の結婚式で出会ったスピーチライターに弟子入りし、選挙のスピーチ原稿作成に邁進するお仕事小説です。言葉の力で人の心を動かすスピーチライターの仕事は素敵だなぁと思いました。
原田マハさんの小説は面白いし胸が熱くなります。

食堂かたつむり 小川糸 著

恋人に裏切られ、声を失った主人公が地元で食堂を始めるお話。主人公の料理に対する愛情、食材への敬意が素敵。誰かに料理を振る舞って笑顔になってくれたら嬉しいですよね。
初めて小川糸の小説を読み、描写がとても丁寧だと感じました。

アイネクライネナハトムジーク 伊坂幸太郎 著

単純な短編集と思いきや、各々の話が少しずつ繋がっていき、最終話で全て繋がります。思いがけない事が色んな人の人生を変えていく、魔法のような物語でした。 全ての話が絶妙に絡んでくるので、何度も読み返してしまいます。

ホテルローヤル 桜木紫乃 著

ラブホテルの客、従業員、経営者などの短編集です。全体的に暗い…。暗い中に見える僅かな光や希望が描かれていますが、その先に見える苦労の日々を思うと辛です。もう少し報われる人がいたら気持ちが救われるのに…。

チルドレン 伊坂幸太郎 著

破天荒な陣内を中心に起こる事件の数々を友人の視点で描いています。意味不明な発言が多いですが、誰に対しても平等な陣内は憎めません。軽く読めて心温まる小説です。個人的にはレトリーバーのエピソードが好き。

コメント

タイトルとURLをコピーしました